みんとの絵本箱

ネコの町のおはなし 〜ヒゲのほうき1。

コの町では きょうもネコたちが のんびり暮らしています。


東のほうのネコの町に住んでいる クロくんは、
「西のほうのネコの町に 行ってみたいにゃぁ〜」 と思っていました。

会いたいおともだちがいるのです。

でも、あまりに遠くて、とてもネコの足で歩いていける距離ではありませんでした。
whiskers01.jpg
そこで物知りの「近所のともだち」に、
なにかいい方法がないか、聞いてみることにしました。




「もしもし?ボク。

 クロだよ、、、ひさしぶり!
whiskers02.jpg
 うん?
 、、、三日まえに会ったばかりだから、ひさしぶりじゃないって?」


こまかいヤツだな、と、クロ君は思いました。
whiskers03.jpg



「あのさ、ボク、西の町へ行きたいんだけど、何かいい方法知らない?

 キミは いっぱい本を読んでるから、きっと知ってると思うんだ」
whiskers02.jpg




近所のともだちは、いいました。

「うーん、そうだなぁ、、、
 ニンゲンなら、ヒコーキか しんかんせんか くるまを使うんだろうけど、
 キミは ネコだしねぇ、、、、」
whiskers04.jpg


自分だってネコじゃないか、、、とクロくんは思いました。
でも、だまっていました。
whiskers03-s.jpg


そこへ、
「にぃに(兄さん)! にぃに! これ見てください!!」
チャくんが、本をゆびさしながら走ってきました。

チャくんは、「近所のともだち」の弟です。
ふたりは仲良し兄弟で、いつもいっしょにいます。

「これだったら、きっとクロくんも だいじょうぶですよっ!」
whiskers05.jpg



「ほらっ!!」
whiskers06.jpg
「おおーっ! 
 もしもし、クロくん。ヒゲだ!
 ヒゲを集めるんだ!
 ただし、切ったのはダメだ。抜けたやつだけだ!!」




「チャくん、うちにはヒゲ何本ある?
「えっと、、、ボクが3本。にぃにが、、、」
「5本」
whiskers07.jpg
「クロくん、うちには8本あるよ。
 いまからもってってあげるよ。じゃね」
ガチャ!




ツー ツー ツー、、、、、
whiskers003-s.jpg




whiskers08.jpg






「おじゃまするよ。 どっこいせ、っと、、、」
whiskers09.jpg





「今そこで、キミの兄ちゃんたちに会ったよ」

「うん。ヒゲ置いて、あそびにいった。 
 わるいね、わざわざ持ってきてもらって」

「いいよ。近所だから」
whiskers10.jpg






3ニャンは協力して、ヒゲを木の棒にくくりつけました。
whiskers11.jpg




わくわくわく、ドキドキ!
whiskers12.jpg




「おおお〜〜〜、ういたっ!!」
whiskers13.jpg




ぴょん!  浮いたホウキに、クロくんが飛び乗りました。
whiskers14.jpg


ところが。
あららららららら。
whiskers15.jpg


「かろうじて 浮いてますよ」 「ヒゲが足りんな」
whiskers16.jpg





3ニャンは、
別の友達のところへ ヒゲをもらいにいくことにしました。
whiskers17.jpg
クロ「ホウキより、チョウチョのほうがはやいよ」

近所の友達「もんく言わないの」




「あの~」

もじもじしながらチャくんがいいました。

チャ「チャも、ちょっとホウキに乗ってみたいです」
クロ「うん。もちろんいいよ!」


ぴょん!とクロくんがホウキからおり、
ぴょん!とチャくんがホウキにとびのりました。

チャ「あれれれ。なんか問題がおきたようです。下がっていきますよ」

whiskers18-1.jpg

ストン!と、ホウキが地面についてしまいました。


近所の友達「きっと、チャくんが重いんだよ。ボクにかしてごらん」

ぴょん!

「あれれれれ?」

ストン!

whiskers18-2.jpg

やはりホウキは、地面についてしまいました。


クロ「ホウキのパワーが終わっちゃったのかなぁ?」

ぴょん!

「あれれれれ? 浮いた!」
whiskers18-3.jpg

近所の友達「う~ん。これはひょっとすると、、、」

チャ「クロネコ専用空飛ぶホウキかもしれませんね、、、」





ピンポ~ン♪
whiskers19-1.jpg

クロ「どうしてボクんちへは勝手に入ってくるのに、ここではチャイムを押すの?」

近所の友達「いちおう、レディーの家だからね」

チャ「レディーさん、って名前のネコさんが住んでるんですか?」

近所の友達「あはは。女性って意味だよ」


レディーさんたち「は~い。開いてるから、ど~ぞ~♪」




レディーさんたち
 「いらっしゃ〜い♪ ちょうどよかったわ。
  あたしたち今から ネコカレー を食べるところなの。いっしょにどう?」


クロ・近所の友達・チャ 「わーい! いただきまーす!」
whiskers20-1.jpg


【ネコカレー】は、こんなカレー↓
whiskers20-2.jpg





ごちそうさま のあとでレディーさんたちにヒゲをもらい、
ついに、とてもりっぱなホウキが出来上がりました。

飛びぐあいも、上々です。
whiskers21.jpg


クロ「みんな、ありがとう。じゃボク、西の町まで行ってくるね」


「ちょっと、待ったぁ!」
whiskers22.jpg
黒いお嬢さん「あたしも乗せてってよ♪」




2ニャンが乗っても、ホウキは軽々と浮かんでいます。

「それじゃ、いってきまーす」

クロくんたちは、西へむかって出発しました。
whiskers23.jpg

「いってらっしゃーい!!」

whi23-1.jpg




2ニャンは順調に、ネコの町のうえを飛んでいきました。

whi24-1.jpg





やがて、「ネコミミ山」が見えてきました。

あれを越えると、ネコの町は東から中部になります。
whi25.jpg



「ネコミミ山」は、ネコのハイカーにも人気の山です。


2ニャン 「こんにちは〜!」
ネコハイカーのみなさん 「やあ、こんにちは!」

山では、知らないネコどうしでも、あいさつをします。
そういうものです。
whi26.jpg
おや、めずらしい。
このパーティーには、イヌが混ざってますね。
きっと仲良しのお友達なのでしょう。




「だいぶん来たね。 ここらでちょっと、おやつタイムにするにゃ」

ネコミミ山のてっぺんで、2ニャンはひとやすみすることにしました。

whi27.jpg

お嬢さん「でも、どこにおやつがあるの?あたしは持ってないよ」

クロ「えっ!! ボクも、、、」

2ニャンは、さっさと出発することにしました。





おやつはないし、ホウキに乗ってるのにも飽きてきたし、、、、

     「あ〜あ。早く着かないかなぁ〜」

まだまだ。なんてったって、ここはネコの町中部ですからね。

しかし、さすがネコ!
いいバランス感覚してますね。
whi28.jpg



「お〜い!」「お〜〜〜〜〜い!」

    「クロく〜〜〜ん、おじょうさぁ〜〜〜〜ん♪」
whi29.jpg

クロくん&お嬢さん 「あれは、だれにゃ?」




おりていくと、そこには「ニャゴや組」のみんながいました。
whi30.jpg

「ニャゴや組」とは、ねこの町〜中部〜ニャゴや方面 に住んでて、
ときどきみんなで集まってはパーティーをやっている、仲良しネコたちのことです。

クロくんはブログを通じて、みんなのことは良く知っていました。
でも遠いので、会うのははじめてでした。



「やぁ!クロくんとお嬢さんだね!」

     「すぐ、わかったよ!」

  「もうそろそろ通るころだと思って、こうしてみんなで待ってたのよ」


クロくん 「会えてすっごくうれしいよ! でも、どうしてボクが通るって、、、?」


    「アイツから電話があったんだ」

「クロたちったら何も持たずに出かけたからさ、」

       「もし上空通ったら、なにか食わせてやってくれ、って」

whiskers04.jpg

トモダチってありがたいなって、クロくんはしみじみ思いました。




「うう〜っ、ぐるぢい。食べ過ぎたぁ〜」
「あだじも〜」

「ニャゴや組」のみんなのおかげで、おなかいっぱいになった2ニャンは、
またホウキの旅にもどりました。



「ヒゲのほうき 2」へつづく
  1. 2012/07/19(木) 17:43:52|
  2. ネコの町のおはなし

《みんとの絵本箱》

「ちょっとのんびり おくつろぎの絵」(みんとふぁくとり〜)の別館です。

みんと

Author:みんと
ここには、ストーリーもの・お話しモノを集めてみました。

(1枚ものイラストは「ちょっとのんびり〜」にあります)。

カテゴリ

もくじ (1)
アライグマとねずみのおはなし (4)
郵便バードのおはなし (3)
ネコの町のおはなし (12)
民話・昔話・エッセイetc. (11)
アヒルくんのおはなし (1)
スズメくんたちのお話し (4)
小さなお話 (2)
かじぇさんと作ったおはなし (2)
あいうえおさんと作ったおはなし (2)
KMさんと作ったおはなし (1)
未分類 (4)

最新記事

リンク

since2011.11.19~