みんとの絵本箱

岩おはぎ

岩おはぎ ・・・このイラストは、神奈川県の施設訪問ボランティア団体"ワンハート"さんのご依頼で描かせてもらいました



ohagi001.jpeg




おはぎは、その家、その家の味を表していた。
あげたりもらったりして、どれくらい自分の家のおはぎと味が違うかがわかったものだった。

ものすごくあんが甘いのがあったり、塩がきいているのがあったり、さらしあんのおはぎしか作らない家もあったり、つぶしあんときなこの両方を作るという家もあった。

大ぶりなもの、小ぶりなもの。
十人いれば十種類のおはぎが集まる。だけどそんな習慣もいつしかなくなり、彼岸近くになると、スーパー・マーケットにおはぎが並び、それをみんなが買う時代になった。
ohagi002.jpeg




小豆を煮るのはとても手間がかかる。何年か前、私は小豆を煮て大失敗をした。
豆をふやかし、延々と煮ていたのであるが、小豆というものは、調味料を入れて煮ても柔らかくなると思っていた。

しかし、砂糖を入れたら最後、小豆はどんなに煮てもその時点の固さのままで、柔らかくなることはない。

そんなことを全然知らなかった私は、いつまでたってもころころしたままの小豆を、ヘラでつっつきまわしながら、
「変だなぁ」
と首をひねっていた。

そして本を調べてやっと、柔らかくなった時に砂糖を入れるのを知ったのだった。
ohagi003.jpeg




「私なんか、一所懸命おやつを作ってもさ、子供が、まずいっていうの。
 とにかくおふくろの味よりも、スーパーの味のほうが、ずっと好きなのよ」と友だちは言う。

子供のためによかれと思って手間をかけても、
「まずい」
と言われたら、そりゃ、2度と作りたくないと思う。だけど私は一度、おはぎを作ってみたかった。
ohagi004.jpeg




おはぎはあんがポイントである。
あんさえちゃんと出来れば、あとはきっと簡単だろうと私は考え、つぶあんのおはぎ作りに挑戦した。

小豆の煮方は本によりさまざまだったので、いちばん簡単な和菓子の本のとおりに煮てみる。
豆はふやかさず、水洗いしてそのまま煮る。

しぶが出てくるので、煮汁を捨て、また水から煮ていく。
それを何度か繰り返して柔らかくしていくのである。

つぶあんもさらしあんも、小豆を柔らかく煮るところまでは一緒である。
さらしあんはそれからひと手間、ふた手間をかけなければならない。

つぶあんは柔らかく煮えたら砂糖を入れて煮詰めておしまい。
私はさらしあんよりもつぶあんのほうが好きなので、迷わずつぶあんのおはぎにする。
ohagi005.jpeg




煮汁をゆでこぼしながら小豆を煮ていくと、何だか、いい具合である。
「よしよし」小豆のご機嫌をうかがいながら、

「まだかなー、まだかなー」
とただ、ひたすら待ち続ける。

むくれているガールフレンドの機嫌が直るのを、じっとおとなしく待っている彼氏のようなものである。
本には最終段階からだいたい1時間と書いてあったのだが、私の買った豆はどういうわけだか、1時間たっても、それほど柔らかくならない。

いつまでたってもコロコロしている。
「もしかしたら、ばあさん豆だったかもしれない」

水分をいっぱい含んだ、若い娘みたいなぴちぴち豆だったら、外から水分補給をしなくてもいいが、
ぱさぱさのばあさん豆だと、水分補給に時間がかかるというわけである。

それにしても時間がかかる。何度、鍋の中をのぞいたことだろう。
弱火で煮なければならないから、鍋の中は静かである。

ぐつぐつ音がしていると、
「がんばって煮えてます」

といった雰囲気がただようが、静かな暗い紫色の煮汁の中をのぞいても、何も見えない。
「本当に煮えているんだろうか」

不安になって、何度もしゃもじをつっこんでみるが、いくらやっても柔らかくなっているんだか、なっていないんだか、よくわからない。
最終段階に入って、すでに二時間も経過しているのにだ。

「うーむ」
私はただガスコンロの周辺を、うろうろするしかなかった。

もしかして小豆が柔らかくなるのは、夜中になるんじゃないかと、ますます不安はつのるばかりである。
ohagi006.jpeg




ここで私は気がついた。
あんも大切だが、中身の御飯もたかなければいけなかったのだ。

もち米なんか炊いたこともない。
これまた本を見ると、ひたひたの水で炊き、あとはすりこぎで搗(つ)きながら、水を加えて御飯粒同士がくっつくようにする、とあった。

そうかそうかと納得しつつ、とりあえず、小豆はそのままにしておいて、今度はおはぎの中身である。
指示どおりひたひたの水で、もち米を炊く。あっという間に炊き上がった。

ところが、炊飯器の蓋(ふた)を開けてみたら、御飯に芯があるではないか。
「えらいこっちゃ、えらいこっちゃ」

私はまるでいけない物でも見たみたいに、あわてて蓋をして、うーむとうなった。
とにかく芯のできた御飯なんて、失敗もいいとこである。

もう、こうなりゃどうでもいいやと私は適当に芯のあるご飯の上に水をふりかけ、再び炊飯ボタンを押した。
何分後かにスイッチが切れ、おそるおそる調べてみると、見事に芯がなくなっているではないか。
ohagi007.jpeg




「あたしも料理に慣れてきたのねぇ」
急にいい気分になり、御飯をボウルに開けて、鼻歌まじりですりこぎで搗く。

だんだんおはぎの中身らしくなってきた。
中身が何とかなってホッとしたとたん、頭の中をかすめたのは、豆である。

横目でちらちらと鍋を確認して見ても、あまり柔らかくなっている気配がない。
中身は完成しつつあるのにだ。

本に書いてある状態になったので、中身はそのまま置いておいて、また豆にとりかかる。
ohagi008.jpeg




「まだかなあ」
もともと短気の私は、ちょっといらついてきた。

ヘラで、ぐるんぐるんかき回してみたが、これで柔らかくなるわけでもない。
昔の人は長い時間をかけて、豆を煮たのだろう。

何て気が長い話なんだ。
へらを鍋の中につっこんだまま、私はぼーっと、

「鳴かぬなら鳴くまで待とう時鳥(ほととぎす)」
といったことばが浮かんできたりした。

豆を煮るには、これくらいの気持ちがないといけない。
しかし今の私は、「鳴かぬなら鳴かせて見よう時鳥」の心境で、もういいや、と半分やぶれかぶれで、とどめの砂糖を入れてしまったのだった。
ohagi009.jpeg




これですべて終わりである。
どうわめいても小豆の行く末は決定されたのだ。

しょうがないなと思いつつ、ボウルの中のおはぎに目をやったとたん、私は仰天した。
御飯粒がくっつくように搗いた中身が、岩みたいにかちかちに固まっているのだ。

「どーして、どーして・・・・」
表面は乾き、もちっぽい感じが全くなく、岩おこしのようだ。あせった私は、中身を八等分にして、団子状にむりやり丸めた。

丸めようと思っても、すでに固まった部分もあるので、あられみたいになってしまった。
別の本を読んでみたら、もち米は炊く前に一時間、水につけておくとあるではないか。どうしてくれるんだ。
ohagi010.jpeg




「うー」
私はほとんど放心状態で、今度はへらで鍋の中をかきまわした。

水分も減り、あんらしくはなっているのだが、やはり豆が固めなのだ。
またまた私はやぶれかぶれで、がーっと鍋の中をひっかきまわした。

しかしそれでもつぶれない豆が、そこここでしっかとそのまま残っている。

結局、出来上がったのは、つぶあんすぎるつぶあんであった。
ひと口食べてみても、あんの中にちょっと柔らかめのピーナツが混じっているような具合である。

こんなことでは、どういうものになるか、目に見えていたが、まさか、このまま済ますわけにはいかない。
ほとんどやる気が失せたまま、私はふきんの上に、つぶあんすぎるつぶつぶだらけのあんをのせ、それで団子状に丸めたあられみたいな御飯をくるんだ。

いちおう格好はつく。
でもつぶの小豆がしっかと立っていて、おはぎというよりも鹿の子のようなのだった。
ohagi011.jpeg




赤い塗りの椿皿の上に、いちおうは「おはぎ」という名の食べ物をのせた。
これで味がよければ少しは救われる。

私は箸を取り、二つに割ろうとした。
しかし・・・・

あまりに固くて、箸では二つに切れない。
ohagi012.jpeg




こんなおはぎってあるのだろうか。
おはぎは柔らかく、中身のもちっとした御飯とあいまって、ほわんとした感じのものだが、目の前にあるのは鉄の意思を持ったおはぎなのだ。

箸で切るのはあきらめ、かぶりついた。
ohagi013.jpeg




そのとたん、つぶつぶあんが、地震のためにくずれ落ちたビルの外壁みたいに、ドサッと皿の上に落ちた。
落ちても、あんがぺたんこにならないで、はがれ落ちた形のままなのが悲しい。

中身だって、かちかちだ。
私は未だかつて、こんなに歯応(はごた)えのあるおはぎを食べたことはない。

あごと歯のためには、よかったかもしれないが、もう一度、挑戦するかどうかは、もうちょっと考えてから決めたいと思っている。
ohagi014.jpeg




ohagi015.jpeg
  1. 2017/07/21(金) 11:15:50|
  2. 民話・昔話・エッセイetc.

犬も誉めれば

犬も誉めれば ・・・このイラストは、神奈川県の施設訪問ボランティア団体"ワンハート"さんのご依頼で描かせてもらいました〜〜〜〜


inu01.jpeg



知り合いに至急送らなければならない物があったので、いつも宅配便をたのむ雑貨屋にいくと、
珍しく店が閉まっていた。

その店はばあさんひとりでやっている古くて小さな木造で、店内の品物も、もしかしたら三十年前から
そのまんまじゃないかと疑いたくなる雰囲気なのである。

私「とうとうばあさんも、具合が悪くなったのかしら」

と近寄ってみたら、段ボールのふたを再利用した紙に、

「閉まっていても留守番がいますので、ガラス戸を叩いてください」
と書いてあった。
inu02.jpeg



ばあさんが寝込んでいたら悪いと思いつつ、ガラス戸を叩いてみたが、奥からは誰も出てこない。
もういちど叩いてみたら、白くて小さなものがこちらにやってきた。

それは頭に赤いリボンをつけてもらった白いマルチーズだった。

ガラス戸を叩いている私の姿を、しばらく首をかしげて見ていたが、
くるっと方向転換して姿を消してしまった。
inu03.jpeg



「いったい、どうしたんだろう」
と荷物を抱えたまま不安になっていたら、いつものばあさんがよろよろと出てきた。

婆「すいませんねえ。ちょっと昼寝してたもんでねえ」

私「具合でも悪かったんですか」

婆「いーえ、違うの。きのう近所の人と夜遅くまで話しこんじゃって。今日になったら眠くてしょうがなくてね。
  どうせお客さんも来ないし、これに番をさせて昼寝してたのよ」

私「あのー、留守番ってこの犬ですか」

婆「そうだよ」

ばあさんは事もなげにいった。

婆「こんな小さいのにね、手伝ってくれるの。こちらが話すことはわかるし、お客さんが来ると教えるし。
  なじみのお客さんには愛想をふりまくし、結構、商売にむいてるんだよ。
  第一、給料を払わなくていいのがいちばんいいねえ」(笑う)
inu04.jpeg



この犬、名をメリーちゃんというのだが、これまでも泥棒が侵入するのを未然にふせいだり、
あんみつの缶詰を二個しか飼う予定がなかったお客さんにすりすりとすり寄っていって、結局は四個買わせた実績もある。

そしてそれで知らんぷりをしないのがメリーちゃんの偉いところで、それからそのお客さんがくると、
ばあさんが相手をしていても奥から顔を出して、

「毎度、どうも」

といいたげに、尻尾を振るんだそうだ。

私はもともとマルチーズなどの室内で飼う小さな犬は「毛虫」と呼んで、あまり好きではなかった。

ただ飼い主の跡にくっついて、ぼーっと甘えるだけしか能がなく、
「何かをやろう」
という意欲に欠けているのではないかと思っていたからだ。
inu05.jpeg



ところが話を聞くと、メリーちゃんはそうではない。
立派にばあさんを助けている。

水をこぼしたときに、「メリーちゃん、雑巾を持ってきて」というと、台所から床雑巾をひきずってくる。

夜、ちょっとでも変な物音がすると、ばあさんを起こす。
電話がなったり人がやってくると、ばあさんに教える。
とにかく健気なのである。

「私の死に水もとってくれるんじゃないかって思ってんの」
ばあさんはまたカカカカッと笑った。

私が帰るときも、メリーちゃんは一所懸命、尻尾を振って愛想をふりまいていた。
ばあさんのいうとおり、客商売向きの犬だ。

これだけのことをやるんだったら、メリーちゃんは死に水をとるだけではなく、喪主となって葬式までだしそうな気配すらあった。
inu06.jpeg



この話を犬・猫に詳しい友だちにしたら、それはもっともだとうなずきながら、

「犬は何でもいいから仕事をまかせると、張り切るらしいよ。知らない人が来たら吠えろとかさ。
 だけど猫はダメなんだって。
 仕事をさせようとすると、いやがって出ていっちゃうんだって」

というのだ。
inu07.jpeg



そういえばうちの猫は、頭数(あたまかず)はたくさんいたが、人間が助かるというほど役にはたたなかった。
空き巣に入られたときも猫一族は恐怖を感じたらしく、さっさと避難してしまい、丸二日間、帰ってこなかったくらいである。

もしもこれが犬だったら、同じように恐怖を感じても、それなりに吠えて近所の人に知らせることができたに違いない。
inu08.jpeg



友人「でも、犬にもかわったのがいるよ」

友だちの母上の友人宅のマルチーズも、知らない人が来たりすると、吠えて家人に知らせるのは当たり前。

奥さんが庭にいて電話が鳴っているのに気がつかないと、庭に面しているガラス戸が開いているときは、走って行って洋服を引っぱり、
閉まっているときは吠えながら体当たりして教える賢い犬であった。

ご主人がゴルフに行くときに、
「帽子」
と命令すると、ちゃんと帽子をくわえてくる。

こういうことをすると、ますます家族に誉められる。
家族も近所の人々に自慢する。

これで玉乗りや輪くぐりなど、芸のふたつかみっつを覚えれば、すぐテレビ局が取材にやってきて、
ちょっとした犬の名士になれるはずであった。
inu09.jpeg



ある日、この家に空き巣が入った。
ところが近所の人で、犬の吠えた声を聞いた人など誰もいなかった。

奥さんが家に入ると、あたりにはタンスの中のものが散らばっていた。
inu10.jpeg



「うちには犬がいるのに・・・」と思いながら、奥さんがふと風呂場の脱衣場を見たら、
いつもは賢いはずの犬が、ぶるぶるふるえてモップの横にぴったりとへばりつき、白いモップと同化しようとしていたというのであった。

「人に誉められるのがうれしくて、今までは賢くふるまってたみたい。だけどその日は自分一匹しかいなかったから、
 ただ怖い一心でモップになりすまそうとしたらしいよ」




人間同様、動物の性格も本当にさまざまである。
だから付き合って面白いのであるが。
inu11.jpeg



(おわり)
inu12.jpeg
  1. 2017/03/26(日) 14:02:27|
  2. 民話・昔話・エッセイetc.
次のページ

《みんとの絵本箱》

「ちょっとのんびり おくつろぎの絵」(みんとふぁくとり〜)の別館です。

みんと

Author:みんと
ここには、ストーリーもの・お話しモノを集めてみました。

(1枚ものイラストは「ちょっとのんびり〜」にあります)。

カテゴリ

もくじ (2)
アライグマとねずみのおはなし (4)
郵便バードのおはなし (3)
ネコの町のおはなし (12)
民話・昔話・エッセイetc. (12)
アヒルくんのおはなし (1)
スズメくんたちのお話し (4)
小さなお話 (2)
かじぇさんと作ったおはなし (2)
あいうえおさんと作ったおはなし (2)
KMさんと作ったおはなし (1)
未分類 (4)

最新記事

リンク

since2011.11.19~