みんとの絵本箱

犬も誉めれば

犬も誉めれば ・・・このイラストは、神奈川県の施設訪問ボランティア団体"ワンハート"さんのご依頼で描かせてもらいました〜〜〜〜


inu01.jpeg



知り合いに至急送らなければならない物があったので、いつも宅配便をたのむ雑貨屋にいくと、
珍しく店が閉まっていた。

その店はばあさんひとりでやっている古くて小さな木造で、店内の品物も、もしかしたら三十年前から
そのまんまじゃないかと疑いたくなる雰囲気なのである。

私「とうとうばあさんも、具合が悪くなったのかしら」

と近寄ってみたら、段ボールのふたを再利用した紙に、

「閉まっていても留守番がいますので、ガラス戸を叩いてください」
と書いてあった。
inu02.jpeg



ばあさんが寝込んでいたら悪いと思いつつ、ガラス戸を叩いてみたが、奥からは誰も出てこない。
もういちど叩いてみたら、白くて小さなものがこちらにやってきた。

それは頭に赤いリボンをつけてもらった白いマルチーズだった。

ガラス戸を叩いている私の姿を、しばらく首をかしげて見ていたが、
くるっと方向転換して姿を消してしまった。
inu03.jpeg



「いったい、どうしたんだろう」
と荷物を抱えたまま不安になっていたら、いつものばあさんがよろよろと出てきた。

婆「すいませんねえ。ちょっと昼寝してたもんでねえ」

私「具合でも悪かったんですか」

婆「いーえ、違うの。きのう近所の人と夜遅くまで話しこんじゃって。今日になったら眠くてしょうがなくてね。
  どうせお客さんも来ないし、これに番をさせて昼寝してたのよ」

私「あのー、留守番ってこの犬ですか」

婆「そうだよ」

ばあさんは事もなげにいった。

婆「こんな小さいのにね、手伝ってくれるの。こちらが話すことはわかるし、お客さんが来ると教えるし。
  なじみのお客さんには愛想をふりまくし、結構、商売にむいてるんだよ。
  第一、給料を払わなくていいのがいちばんいいねえ」(笑う)
inu04.jpeg



この犬、名をメリーちゃんというのだが、これまでも泥棒が侵入するのを未然にふせいだり、
あんみつの缶詰を二個しか飼う予定がなかったお客さんにすりすりとすり寄っていって、結局は四個買わせた実績もある。

そしてそれで知らんぷりをしないのがメリーちゃんの偉いところで、それからそのお客さんがくると、
ばあさんが相手をしていても奥から顔を出して、

「毎度、どうも」

といいたげに、尻尾を振るんだそうだ。

私はもともとマルチーズなどの室内で飼う小さな犬は「毛虫」と呼んで、あまり好きではなかった。

ただ飼い主の跡にくっついて、ぼーっと甘えるだけしか能がなく、
「何かをやろう」
という意欲に欠けているのではないかと思っていたからだ。
inu05.jpeg



ところが話を聞くと、メリーちゃんはそうではない。
立派にばあさんを助けている。

水をこぼしたときに、「メリーちゃん、雑巾を持ってきて」というと、台所から床雑巾をひきずってくる。

夜、ちょっとでも変な物音がすると、ばあさんを起こす。
電話がなったり人がやってくると、ばあさんに教える。
とにかく健気なのである。

「私の死に水もとってくれるんじゃないかって思ってんの」
ばあさんはまたカカカカッと笑った。

私が帰るときも、メリーちゃんは一所懸命、尻尾を振って愛想をふりまいていた。
ばあさんのいうとおり、客商売向きの犬だ。

これだけのことをやるんだったら、メリーちゃんは死に水をとるだけではなく、喪主となって葬式までだしそうな気配すらあった。
inu06.jpeg



この話を犬・猫に詳しい友だちにしたら、それはもっともだとうなずきながら、

「犬は何でもいいから仕事をまかせると、張り切るらしいよ。知らない人が来たら吠えろとかさ。
 だけど猫はダメなんだって。
 仕事をさせようとすると、いやがって出ていっちゃうんだって」

というのだ。
inu07.jpeg



そういえばうちの猫は、頭数(あたまかず)はたくさんいたが、人間が助かるというほど役にはたたなかった。
空き巣に入られたときも猫一族は恐怖を感じたらしく、さっさと避難してしまい、丸二日間、帰ってこなかったくらいである。

もしもこれが犬だったら、同じように恐怖を感じても、それなりに吠えて近所の人に知らせることができたに違いない。
inu08.jpeg



友人「でも、犬にもかわったのがいるよ」

友だちの母上の友人宅のマルチーズも、知らない人が来たりすると、吠えて家人に知らせるのは当たり前。

奥さんが庭にいて電話が鳴っているのに気がつかないと、庭に面しているガラス戸が開いているときは、走って行って洋服を引っぱり、
閉まっているときは吠えながら体当たりして教える賢い犬であった。

ご主人がゴルフに行くときに、
「帽子」
と命令すると、ちゃんと帽子をくわえてくる。

こういうことをすると、ますます家族に誉められる。
家族も近所の人々に自慢する。

これで玉乗りや輪くぐりなど、芸のふたつかみっつを覚えれば、すぐテレビ局が取材にやってきて、
ちょっとした犬の名士になれるはずであった。
inu09.jpeg



ある日、この家に空き巣が入った。
ところが近所の人で、犬の吠えた声を聞いた人など誰もいなかった。

奥さんが家に入ると、あたりにはタンスの中のものが散らばっていた。
inu10.jpeg



「うちには犬がいるのに・・・」と思いながら、奥さんがふと風呂場の脱衣場を見たら、
いつもは賢いはずの犬が、ぶるぶるふるえてモップの横にぴったりとへばりつき、白いモップと同化しようとしていたというのであった。

「人に誉められるのがうれしくて、今までは賢くふるまってたみたい。だけどその日は自分一匹しかいなかったから、
 ただ怖い一心でモップになりすまそうとしたらしいよ」




人間同様、動物の性格も本当にさまざまである。
だから付き合って面白いのであるが。
inu11.jpeg



(おわり)
inu12.jpeg
  1. 2017/03/26(日) 14:02:27|
  2. 民話・昔話・エッセイetc.

十五夜さま

十五夜-012



涼しい夕風がすすきの穂をゆらしています。

風になびく白いすすきの間を、まるで追いかけっこをしているように、赤とんぼが飛びまわっています。
十五夜-03



辰夫は友だちの三郎と赤とんぼを追いかけて遊んでいました。

三郎 「とんぼ、とんぼ、赤とんぼ。」

辰夫 「今日はとんぼとり、やんねえよ、十五夜さまだから、早くうちへ帰らなきゃ。」

三郎 「うん、そうだな。じゃ、あとで十五夜さま行こうな。」
十五夜-04



辰夫 「ただいま。」

うちへ帰ると、おかあさんは縁側に小さな机を出して雑巾でふいていました。
お月さまにお供えをかざる机です。

辰夫 「かあちゃん、今日は十五夜さまだな。」

かあちゃん 「あ、辰夫、清二と一緒に畑に行って、お供えのお芋をほってきてくれや。」

辰夫 「うん、清二、行こう。」
十五夜-05



辰夫は弟の清二を連れて、家の近くの畑に出かけました。

辰夫 「さあ、清二はさつま芋掘れ、あにいは里芋掘るからな。」

清二 「あにい、見て、こんなに芋がつながってるよ。」

辰夫 「お、すげえ、おれも掘るぞ!よっこらしょっと。」

掘り上げた芋をかごに入れて帰り、庭先の井戸できれいに洗いました。
十五夜-06



十五夜さまにお供えするのは、子どもたちの仕事でした。

縁先(えんさき)の小さな机には、すすき、おみなえし、われもこう、白、黄色、赤の三色の草花が、一升徳利に水を入れて飾ってありました。

そしてお母さんが作ったお月見だんごも、お盆の上に並べてお供えしてあります。

辰夫と清二は、里芋とさつま芋をざるに盛って、そのそばにかざりました。

おばあちゃんは、なすやとうもろこしなどを一緒にお供えしてくれました。
十五夜-072
辰夫 「ばあちゃん、こんなにでっけえ芋掘って来たよ。」

ばあちゃん 「おお、今年もいい芋が出来たなぁ。」

清二 「だんごもおいしそうだね。」


やがて、東の森のあたりがぽっと明るくなり、まん丸な月が森の上に顔を出しました。

辰夫も清二もお月さまを見て、そわそわし始めました。
おかあさんが作ってくれた夕飯をいそいですませると、

辰夫 「さあ、清二、十五夜さま行こう。」

辰夫と清二は待ちかねたように家を飛び出しました。
十五夜-08



十五夜さまの夜は、子どもたちにとって本当に待ちどうしい夜でした。

友だち兄弟四、五人ずつが一団となって村中を歩きまわり、それぞれの家のまえに立って、

子どもたち 「おばさーん、お十五夜ちょうだい。」

と、皆で家の人に呼びかけます。
十五夜-09



おばさん 「はいはい、辰ちゃん、これ上げるよ、清ちゃんにも、ほれ。」

こどもたちの声をきくと、どの家の人も待ってましたとばかりに、どの子にも何かしら与えてくれるのでした。

子どもたちは、もらったものを着物の腰上げやかくしにいっぱい詰め込み、口をもぐもぐさせながら、村の中を歩いてまわります。

なかには手かごを持ってきている子もいました。
しかし、あまり遠くへは行かず、近所の二十軒くらいをまわるのでした。
十五夜-10
*「かくし」、、、着物や羽織の左うらにつけた内ポケット
 「腰あげ」、、、着物は長めに縫い、子どもの身長にあわせて腰で短く折り、縫い合わせてある。
         その縫い合わせたところがポケット状になる。


こどもたち 「おばさーん、お十五夜ちょうだい。」

あちらこちらで、子どもたちの声がひびきます。

この夜ばかりは、子どもたちは、よその家に遠慮なく十五夜さまのお供えものをもらいに歩き、大人たちも、子どもにあげる物を準備してまっていてくれます。
十五夜-11



子どもたちは、八月のお盆の行事が終わると、九月の秋の十五夜さまを指折り数えて楽しみにしていたのです。

空にはまん丸いお月さまが高くのぼりました。

子どもたちの影が地面にうつっています。

子どもたちはお互いの影を踏みながら、楽しい夜のひとときを過ごすのでした。
十五夜-12



十五夜-02
(座間の古民謡 参考)



十五夜-13
参考文献
座間むかしばなし(座間教育委員会)
座間ばあちゃんの遠めがね 古市静子著  杉並けやき出版


神奈川 県央の民話・昔ばなし 朗読劇集 ワンハートボイス脚色編
このイラストは、ワンハートボイスさんのご依頼で描いたものです。
  1. 2012/08/30(木) 10:36:32|
  2. 民話・昔話・エッセイetc.
次のページ

《みんとの絵本箱》

「ちょっとのんびり おくつろぎの絵」(みんとふぁくとり〜)の別館です。

みんと

Author:みんと
ここには、ストーリーもの・お話しモノを集めてみました。

(1枚ものイラストは「ちょっとのんびり〜」にあります)。

カテゴリ

もくじ (3)
アライグマとねずみのおはなし (4)
郵便バードのおはなし (3)
ネコの町のおはなし (12)
民話・昔話・エッセイetc. (10)
アヒルくんのおはなし (1)
スズメくんたちのお話し (4)
小さなお話 (2)
かじぇさんと作ったおはなし (2)
あいうえおさんと作ったおはなし (2)
KMさんと作ったおはなし (1)
未分類 (1)

最新記事

リンク

since2011.11.19~